本下水道切り替え工事

■ 本下水道切り替え工事とは? 気になるコストを解説

本下水道切り替え工事とは、汚水処理において使用される浄化槽を廃して、下水を直接放流できる本下水道に切り替える工事のことを指します。

浄化槽は、設置の段階で初期費用が掛かってしまうことと、メンテナンスの手間がデメリット。
特にタンクの中に溜まった汚れを定期的にメンテナンスをすることは、ご自身でするのも避けたいところですし、業者に任せるにもその都度費用がかかってしまいます。

本下水道では、個別に浄化槽を設置する必要がなく、設置の手間も初期費用もかかりません。代わりに、月々に水道の使用量に応じた下水道料金を支払います。
コスト面でも手間の面でも、本下水道を選ぶことをオススメします。

浄化槽から本下水道への切り替え工事は、当社にお任せください。

■ 環境にも優しい本下水道

また、環境面でも浄化槽よりも本下水のほうが有効です。

BOD(生物化学的酸素要求量)と呼ばれる水質指標で見ると、浄化槽がBOD除去率が90%でも途の河の水質まで戻せないのに対し、本下水道の場合はBOD除去率が99%となっています。

そのため、川や海の生き物に悪影響を及ばさない水質まで綺麗にして放流することができます。

■ 本下水道切り替えで生活に直結するメリット

○清潔で住みやすい環境に

汚いドブや溝がなくなり、蚊やハエの発生を防ぐことができます。

○水洗トイレを使用可能

清潔かつニオイの問題も少ない水洗トイレを使用できるようになります。

○川や海の水が綺麗に

家庭から出る汚水は、下水管で終末処理場に集められ、綺麗にしてから川や海に放流されます。
川や海を綺麗にすることは、魚などの生き物が棲む環境づくりにも、市民の憩いの場としての環境づくりにもつながります。

【直通TEL】 090-3507-6044(事務所:043-309-4265)
【FAX】 043-309-4265
【営業時間】 8:00~19:00
【定休日】 不定休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 佐倉市、千葉市、習志野市、船橋市、八千代市中心に近郊エリア

一覧ページに戻る